かたつむりクラブ

 かたつむりクラブは、障がいのある子どもたちが、放課後や学校の休業日を豊かに楽しく過ごす場です。主に、小学生を対象としています。
 地域の中で仲間を作り、親子共に成長していくことを目指して活動しています。

かたつむりクラブとは

間作り

 いろいろな活動を体験する中で、一人ではできないことも、 友達と一緒ならやってみる、みんなで遊ぶ楽しさを実感するなど、 個々の気持ちを大事にしつつ子ども同士の関係作りを支援します。

を動かす遊び

 小学生の時期に体を動かすことが大切だと思い、 公園等での外遊びを多く取り入れています。
 歩く、走る、上る、下りる、跳ぶなどダイナミックに体を動かすことを 遊びの中で楽しみながらできるようにしています。  スタッフの配置を十分にして、安全面への配慮も行っています。

育的視点

 臨床心理士、作業療法士、言語聴覚士、音楽療法士の方々の アドバイスを活動に活かしています。
  スタッフも定期的、継続的に研修を重ね専門性を養うよう努めています。

域交流

 買い物、図書館、児童館など地域の中に出ていき、活動をしています。
 また、電車・バス等公共交通機関を利用してお出かけする中で、 社会性を身につけ、地域で生きていくことを目指します。

護者との連携

 定期的に保護者会や親子行事を開催しています。
 スタッフと保護者、保護者同士が一緒に活動したり、学習したり、 悩みを相談したりする中で、子どもの成長を喜び合い、 子どもを中心にして手をつないでいきます。

↑ PAGE TOP